全身脱毛方法のイメージ

PROFILE

脱毛サロン、家庭用脱毛器、美容外科クリニックなど、おすすめの脱毛方法を学ぼう

全身脱毛イメージ

全身脱毛でおすすめのやり方を学ぼう

全身脱毛でおすすめの方法は?

定期的なムダ毛の処理から解放されて、つるつるのお肌が手に入る全身脱毛。一昔前と比べて痛みも減り、価格も安くなってきています。ここでは、全身脱毛を考えている方のために、全身脱毛に向いている脱毛方法から期間や料金についてまで、詳しくご紹介します。

全身脱毛におすすめの脱毛方法

脱毛には様々な方法がありますが、ここでは全身脱毛に向いているレーザー脱毛、光脱毛、家庭用脱毛器を使用した脱毛について詳しくみてみましょう。

美容クリニックや皮膚科で行うレーザー脱毛

医療レーザーを使用するので永久脱毛ができますが、痛みを伴います。毛乳頭や毛母細胞にメラニン色素に反応するレーザー光をあてて、熱によって毛乳頭を破壊し、ムダ毛を生えなくする脱毛方法です。

一度に広範囲の脱毛が可能です。効果が出てくるのが早いため、通院回数が光脱毛より少なく済みます。

脱毛サロンや総合エステで行う光脱毛

光をあてて毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、毛乳頭の発育を抑えることで少しずつムダ毛を目立たなくしていきます。少し熱いかなという程度でレーザー脱毛より痛みが少なく、リーズナブルです。

一度に広範囲に施術できるため、施術時間が短くて済みます。美顔器などに使われる「フォトフェイシャル」と同じ光を出力を変えてあてることも多く、美肌効果も見込めます。

フラッシュ式家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛

家庭用脱毛器にはレーザー式、フラッシュ式、サーミコン式などがあります。レーザー式は照射範囲が狭く、サーミコン式は熱で焼切るので脱毛にはならないため、全身脱毛にはフラッシュ式が向いています。

仕組みはサロン用の光脱毛と同じで、照射部分が大きく、目の周りを除いた全身が脱毛可能な商品が適しています。何といっても低価ですし、他人に触られることに抵抗があったり恥ずかしがり屋の方、遠くまで通うのが大変な方などにも、いつでもどの部分でも何回でも脱毛が出来るので人気です。

他にも全身脱毛でおすすめの方法をお探しなのであれば以下のページが参考になります。 全身脱毛でおすすめの方法まとめ

全身脱毛にはイマイチな脱毛方法

先に挙げた方法以外の、脱毛効果が短かったり、狭い範囲しか処理できなかったり、とても強い痛みを伴うような脱毛方法は全身脱毛には向いていません。向いていない脱毛方法と理由などをみていきましょう。

毛抜きで抜く

最も手軽で毛抜きだけあればできる脱毛方法ですが、全身脱毛だけでなく、実は部分脱毛にも向きません。1本1本抜くのは手間がかかる上に、埋没毛や毛穴を痛めて痕が残る原因にもなります。

カミソリやシェーバーで剃る

毛抜きに比べて時間と手間がかからず、使用する商品によっては低コストで済みます。しかし、剃る際に皮膚の角質層まで削り取ってしまうことが多く、お肌に負担がかかります。数日で毛が生えてきてチクチクしますので、全身ツルツルな状態の維持は難しいでしょう。

除毛クリームで溶かす

痛みが無い点が人気の脱毛方法ですが、毛を溶かす薬剤を使っているため、目に見えなくても肌は荒れます。また、毛根が残るため、仕上がりはパーフェクトとは言えませんし、敏感肌の人などは使えないこともあります。

抑毛作用のある成分が入っている商品は徐々に毛が生えるスピードを遅らすこともできますが、永久脱毛効果は見込めないため定期的に処理する必要があります。

ワックス脱毛

痛みは一瞬で、一度に広範囲の無駄毛を処理できます。また、即効性がある点も魅力です。 ブラジリアンワックスで有名ですが、永久脱毛効果はないため、毛の周期に合わせて剥がし続けなければいけません。肌への負担が大きく、内出血や毛穴がブツブツになってしまうこともあります。顔の産毛などデリケートな部位や狭すぎる範囲の無駄毛処理には不向きなので全身には使えません。

ニードル脱毛

一昔前に主流だった完璧な永久脱毛に近い脱毛効果を誇ります。 毛穴1つ1つに特殊な針を刺して、電気を流して毛乳頭を破壊するため、かなり時間がかかるだけでなく、強い痛みが伴います。また、時間と手間がかかるので料金がとても高いこともあり、全身脱毛には向かないとえるでしょう。

全身脱毛が完了するまでにかかる期間は?

毛には毛周期があり、およそ2ヶ月のサイクルで生え変わります。ムダ毛の処理は、全体の3割程度と言われる成長期にある毛に行いますので、約2ヶ月から3ヶ月の間隔をあけて複数回、施術を受けることになります。

正確に毛周期に合わせて行うレーザー脱毛は約1年で5回程の照射を受けて半永久的な効果のある脱毛が完了します。

光脱毛の場合は、脱毛完了までの期間には個人差があります。毛が少なく薄い人は早く綺麗になりますが、毛が多く太くて濃い人は時間がかかります。自己処理がとても楽になり、効果を感じられるラインが6回程度と言われており、約1年で6回のコースが多く設定されています。濃い目の方でも2~3年通えば、ほぼ普段のお手入れは意識しなくて済むと言われます。

セルフ脱毛や月額制の場合などは、月に照射する回数と1回で施術出来る範囲によって、同じ部位の脱毛がどの位の頻度でできるかで、完了までの期間は異なります。

全身脱毛でかかる費用や料金システムは?

脱毛サロンには月額制と回数制があり、クリニックは回数制になります。価格の一例を見てみましょう。

全身脱毛の各コース料金

脱毛サロン月額制(月額) 脱毛サロン回数制(6回) クリニック回数制(5回)
脱毛サロン月額制(月額) 脱毛サロン回数制(6回) クリニック回数制(5回)
脱毛サロン月額制(月額) 脱毛サロン回数制(6回) クリニック回数制(5回)
A社 9,500円 E社 252,000円 Iクリニック 330,000円
B社 4,990円 F社 190,291円 Jクリニック 360,000円
C社 9,900円 G社 194,400円 Kクリニック 439,167円
D社 7,000円 H社 119,000円 Lクリニック 257,407円
月額制の脱毛サロンでは1万円弱、回数制では10~25万円くらいで脱毛できるところが多くなっています。クリニックでの全身脱毛は、25万円~で、高級クリニックでは90万円を超える費用がかかるところもあります。

家庭用脱毛器でセルフ脱毛する場合は、機器の価格は4万円~9万円程度になります。ショット回数や照射可能範囲、出力などが異なりますので、十分に吟味しましょう。

全身脱毛のメリット

一番のメリットは、肌がきれいになることでしょう。見た目が美しくなり、ムダ毛を気にすることなく堂々とおしゃれを楽しんだり、急なイベントにためらうことなく参加できるようになります。

全身脱毛後は、毛が生えてくることがあっても、今までのコシがある太いムダ毛でなく細いムダ毛になるため、ムダ毛の処理がラクになります。ムダ毛処理に使っていた費用・手間・時間を有効に使えるようになります。

また、部分脱毛を繰り返していく場合と比べ、全身脱毛でムダ毛を処理した方がトータルでは安く上がるのもメリットです。

全身脱毛でのリスクや注意点

どの方法でも、脱毛後の肌へのダメージから施術直後の赤みやヒリヒリ感、むくみなどが出る可能性があります。また、うぶ毛などが硬毛化したり、増毛することもあります。

特に家庭用脱毛器を使用したセルフ脱毛の場合は毛穴の皮膚組織の損傷した場所に雑菌が入り込んで毛膿炎になったり、出力や照射箇所によっては火傷を負うこともあります。多くは自然に治りますが、数が多い場合や治りづらい場合は皮膚科に行きましょう。

全身脱毛のコースですが顔などが範囲外のこともありますので、あらかじめ脱毛可能な部位を確認しましょう。

通う時は、妊娠中や生理中、体調が悪い日、日焼けや肌トラブルが起こっていると施術できませんので気を付けましょう。

終わりに

ここまで全身脱毛について読んでもらいましたが、いかがでしたか? 多少の痛みは耐えられるし短い期間で確実に脱毛したい方はクリニックでレーザー脱毛、毛の質や量によっては時間がかかるけれど痛みもなくリーズナブルに脱毛したい方はサロン、手間はかかるけれど低価格で自分で脱毛したい方は家庭用脱毛器が向いているでしょう。

それぞれにメリットがありますので、ぴったりの脱毛方法を見つけてつるつるのお肌を手に入れてくださいね。

最新のエントリー一覧

© 全身脱毛でおすすめの方法について解説. All rights reserved.